kazuです。平成20年3月二人の反抗期の息子の大学と高校のW受験も無事終了。長男が巣立ち、夫と二男とわんこの三男と暮しています。


by sakuramankaix2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

番外編 専業主婦、朝からメジャーリーグにはまる

日程を調整して臨んだ試合だったが、かつみ寝違えたため、ロナウドの試合に行けず。残念。
彼は、時々、寝違える。昨日、少し寝違えたかな、と言ってたけれど、大したことはないと思って湿布しなかったらしい。
新しい枕のせいだと言う。変えたのは随分前だと思うけれど。

とりあえず、弁当を時間に間に合うように作れて良かった。遠いから、念のため持たせた方がいいと思って作っておいて良かった。
二人でバタバタしている時にかつみが起きてきて、寝違えた、と言った瞬間に、もう今日は試合に行けないな、と思った。かつみに湿布を貼ってあげたら、また、寝た。
買い物と図書館は首次第だな、と思った。

テレビでは、5時頃から3連敗中の松坂が投げていた。8回で岡島に代わった。1ー0と緊張した試合。久しぶりに松坂が勝てるかは、岡島と抑えのパペルボン次第。
8回でいきなりのピンチ。あのポンズとだ。ハラハラドキドキしながら応援。松坂に勝ちを!ガンバレ、岡島!三振!ポンズ三振!あと2アウト。ランナーがまだ二人いる。力がはいる。
ここで内野フライが欲しい。もしくは三振。ダブルプレイもいい。外野フライ、2アウト。
フウ、あと1アウト。ガンバレ岡島!三振かフライかゴロか…。フゥ…。力がはいる。さあ、追い込んだ。2ストライク。
観客が三振を期待して拍手をする。やった内野ゴロだ。ノーアウト、一塁二塁でポンズを迎えた時は、もうダメか、と思った。

実は、私は高校生までくらいは、かなりの野球好きだった。巨人ファンだった。月刊ジャイアンツを愛読していた。
もちろん、地元チームも応援していた。でも、高校生の頃、ライオンズが西武に売られてしまった。その朝、数少ない野球ファンと信じられない、福岡から野球チームがなくなるなんて、と叫びあった。
それから、ダイエーがホークスを手に入れ、福岡に本拠地を移すまでは冬の時代だった。しかし、王監督のホークスは弱かった。
父は、応援し続けた。父は、ホークスが強くなる前に亡くなった。ホークスが強くなって優勝するなんて夢にも思わなかっただろう。

9回クローザーのパペルボンが出て来た。軽く1アウト。あと二人。ゴーゴーレッツゴー。大きな外野フライ、2アウト。あと一人。
松坂久しぶりの勝利か?息を呑む。バッターも緊張する。バッテリーも緊張する。さあ、2ストライク。追い込んだ。ファンの拍手がすごくなる。盛り上げる。拍手拍手拍手…。最後は少し難しい当たりの内野ゴロ。勝った。やっと勝てた。
1ー0。ラミレスのたった1本のホームランで終わった。7時50分。朝から疲れた。

今は、野球よりサッカーのファンになってしまった私。
日本のプロ野球は、たまにホークスの試合を見る。
メジャーリーグは、テレビで試合がある時は大体見ている。アメリカで頑張っている日本人メジャーリーガーを応援しながら、元気をもらっている。

ロナウドが出かけ、かつみが寝直し、京介はグッスリ。
朝ご飯食べて読みかけの本を読んでしまおう。かつみが起こしてくれ、とは言っていたが、携帯目覚ましのボニーピンクが起こしている。(結局、2時間半後、私が起こすまで寝続けた)

野球の試合は、ここのところ見に行ってない。ロナウドの試合があるからね。
実は、ホークスの開幕戦は行く予定だった。が、かつみが行けなくなり、ロナウドとなら行けるかな、と思ったら、やはり試合で行けなかった。
試合休まない、と誘惑したが、断られたので、チケットは手放した。貴重な開幕戦のチケットだったけれど、一人プロ野球観戦は淋しいのであきらめた。
私は、スポーツ観戦は好きだが、最近は子どもの試合以外はもっぱらテレビ観戦だ。

片桐はいりの『わたしのマトカ』を読み終える。映画「かもめ食堂」にはまってしまった私。
実は、映画館で上映された時には行っていない。後で、映画の内容を知ってからDVDを見てから、はまってしまった。

c0117106_23204882.jpg
今日は、父の日。京介から感謝の言葉と共にケーキをもらっていた。
ロナウドは、試合から帰って寝ていて、慌てて塾に行って、帰ってきて父の日どころではなかったようだ。私から言葉のプレゼントを促したところ、素直にかつみに感謝の言葉を述べていた。


野球がわからない人には、まったく面白くない日記になってしまった。
朝から、アメリカで活躍する日本人選手を見ているとウレシイ。
専業主婦は、勇気をもらいながら毎日応援しているのだ。
[PR]
by sakuramankaix2 | 2007-06-17 23:24 | 番外編